読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欺瞞飛行

giman hikou ――本やゲーム、その他よくわからないブログ

DwarfFortressで巨大ダムを作ろう!〈4〉

DwarfFortress ゲーム

前回はこちら

ダム要塞「Pagecrows」135年冬~137年秋

住居棟完成!

黙々、建設と掘削を続けて約1年、ようやく管理&住居棟が完成!
f:id:barbieri:20150214105024j:plain
おもにこんな感じの階層が10層くらいと、貴族居住層からなるマンションや工房などで構成。

f:id:barbieri:20150130213706p:plain
こちらは建設計画。
いよいよダム部分の建設にかかろう!

ラクダ男の恐怖

といった矢先、要塞にWERECAMEL(ウェアキャメル、ラクダ男)が襲来!
満月の月に狼男に変身するWEREWOLFのラクダ版。このゲームには狼男だけでなく、あらゆる動物のWERE版が存在する。
f:id:barbieri:20150214105736j:plain
「Ñ」がラクダ男。
数人が被害にあっただけで、こいつは比較的簡単に倒すことができた。
しかし本当の恐怖はここからだった。

満月の夜。
f:id:barbieri:20150214110111j:plain
ラクダ男に怪我をさせられて、病院で寝ていた人たちが一斉にラクダ男にトランスフォーム!
WEREビーストに傷をつけられた人間・ドワーフには呪いが感染し、同じくWEREビーストになってしまうのである。
普段は普通のドワーフと特に変わりがないが、満月になると変身し、周囲の人間を見境なく襲い始める。

変身したラクダ男たちが暴れたときに怪我をしたドワーフが新たに呪いに感染し、次の満月で覚醒する!
連鎖が止まらない!

軍隊でひたすら処分、処分すること数ヵ月。
ラクダ男の恐怖にようやく終わりが見えてきた。
f:id:barbieri:20150214110837j:plain
おもな戦場となった病院層の惨劇。

f:id:barbieri:20150214111342p:plain
同胞がラクダ男になるのをひたすら処理し、棺を作り、埋葬する地獄のような数ヵ月。0が棺(墓)。

f:id:barbieri:20150214111506j:plain
どさくさにまぎれて地下からForgottenBeast(忘れ去られた獣、画像のH)が侵入し、何人かが殺された。軍隊で処理。
人口が減りまくったが、軍隊の数(4人×4部隊)だけは死んでもすぐ補充して維持した。

f:id:barbieri:20150214111827p:plain
ある市民の心情。ものすごい数の死を目にしている。
「死が私たちを取り巻いている。マジこわい」
不幸になる人もちらほら出てきた。

f:id:barbieri:20150214112047p:plain
当初90人近くいた人口が30人以下に激減。

f:id:barbieri:20150214112131p:plain
そんな中で移民が。
「移住者たちが到着した。危険なのにもかかわらず。」のメッセージ。後半の文言はどういう場合につくのだろう。よく来てくれた。ちょっと感動。

          • -

たった一匹の怪物にここまでやられるとは……。
ここから立て直せるかどうかわからないが、ダムづくりはあきらめずに続けていく。

次→DwarfFortressで巨大ダムを作ろう!〈5〉 - 欺瞞飛行

建設のようすを、更新ごとにDF Map Archiveに記録していきます。全容が知りたい人はぜひ見てみてください。
今回更新分はこちら↓

Pagecrows - 137 Late Autumn by Barbieri